アバター:ウェイ・オブ・ウォーター

映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」の画像

2022年/アメリカ/カラー
監督・製作・脚本:ジェームズ・キャメロン
出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/シガーニー・ウィーバー 他
配給:20世紀スタジオ
© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

J.キャメロン監督が生み出す
人類未体験の海の世界!

映画の頂点を極めた巨匠ジェームズ・キャメロンが13年間心血を注ぎ、新たな金字塔を打ち立てた『アバター』の最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、2022年12月16日(金)全国公開!



// <![CDATA[
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
// ]]>

美しい海とそこに宿る生物たちの息吹、そして神秘の星パンドラの侵略を目論む人類と先住民ナヴィとの激しい戦いと心を揺さぶる感動のドラマが、人類史上最高の映像美でエモーショナルに描かれる!

【2022年冬休み最新映画特集】話題の映画、注目の映画情報が満載! 子どもと楽しめる2022年冬休みおすすめ映画

物語は第1作目から約10年後、地球からはるか彼方の神秘の星パンドラの神秘的な世界。元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)は神秘の星パンドラの一員となり、ナヴィの女性ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)と結ばれる。2人は家族を築き、子どもたちと平和に暮らしていた。再び人類がパンドラに現れるまでは。

映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」の画像

最新兵器を駆使して執拗にジェイクたちを追い詰める人間たち。神聖な森を追われたジェイクの家族は、未知なる “海の部族” のもとへ身を寄せるが、美しい海辺の楽園にも侵略の手は迫っていた…。

多くの命を育み、あらゆる生き物の架け橋となる海を舞台に展開される、愛する者たちを守るための壮絶な戦いと感動のドラマ。ジェイクとその家族が織りなす絆の物語が、比類なき映像美と没入感によって観客の目だけでなく “心” さえも奪う、至極のスペクタクル大作として昇華する。

映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」の画像

映像への飽くなき探求、そして革新的な映像革命により “映像の神” とも称されるリビングレジェンド、ジェームズ・キャメロンが13年間心血を注ぎ込み生み出す<究極の映像体験>は、舞台をパンドラの海へ移し、壮大に広がる海、美しい海中の表現、躍動感あふれる生物たち、映画館だけが可能にする圧倒的没入感によって、観客は目だけでなく心も奪われるに違いない。

映画界・映像界のトップに君臨し、今人類が体感することのできる最高の「映像体験」であることにこだわり抜いたキャメロン監督の『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』に、この冬「観る」の先にある “超現実” に心を奪われるだろう。

【2022年冬休み最新映画特集】話題の映画、注目の映画情報が満載! 子どもと楽しめる2022年冬休みおすすめ映画

映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」の画像

じょうほうはコチラから: キッズイベント
アバター:ウェイ・オブ・ウォーター

関連記事

  1. ウルトラマンゼロ TALKish(トーキッシュ)

  2. “オリジナル トトロの保冷バッグ” プレゼント!

  3. 化石レプリカで学ぶ地球生命史

  4. 「第49回 JXTG童話賞」受賞作品が決定!

  5. キラナガーデン豊洲(KIRANAH GARDEN TOYOSU)

  6. ダヴィンチマスターズ開催中!

  7. 第73回駒場祭「あかねさす」

  8. きらめくニューイヤークラシック 森麻季&N響の仲間たち

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着の動画

  1. キッズイベント

  2. キッズイベント

  3. キッズイベント

  4. キッズイベント

  5. キッズイベント