フェイブルマンズ

スピルバーグ監督・脚本で贈る初の自伝的作品『フェイブルマンズ』の写真

2022年/アメリカ/151分/カラー
監督・脚本:スティーヴン・スピルバーグ
配給:東宝東和
© 2022 Universal Pictures. ALL RIGHTS RESERVED.

夢を抱くすべての人へ
スティーヴン・スピルバーグ初の自伝的作品

50年にわたるキャリアの中で、『ジョーズ』から『E.T.』、『ジュラシック・パーク』など史上もっとも愛され、変幻自在なフィルモグラフィ(映画作品)を世界に送り出してきた巨匠スティーヴン・スピルバーグの “映画監督” になる夢を叶えた自身の原体験を描いた最新作『フェイブルマンズ』(原題:The Fabelmans)が2023年3月3日(金)より全国公開!




// <![CDATA[
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
// ]]>

アカデミー賞®の前哨戦と言われる2022年9月に開催された「第47回トロント国際映画祭」では最高賞である観客賞を受賞。同映画祭にて観客賞を受賞した作品はアカデミー賞®を獲得することが多く、過去10年の受賞作品はもれなくアカデミー賞®作品賞にノミネートされているなど、本年度の最有力候補として期待が高まっています。

本作は初めて映画館を訪れて以来、映画に夢中になったサミー・フェイブルマン少年(ガブリエル・ラベル)が両親との葛藤や絆、そしてさまざまな人々との出会いによって成長しながら、人生の一瞬一瞬を探求し、夢を追い求める物語。

スピルバーグ監督・脚本で贈る初の自伝的作品『フェイブルマンズ』の写真

豪華実力派俳優が集結!
この物語を語らずにキャリアは終えられない

映画の場面写真では、まさに “夢” のはじまりともいえる両親と一緒に映画館へ遊びに行きサミーが映画の魅力に心奪われるシーンや、6人全員が別の方向を向き、どこか浮かない表情ですれ違いを感じさせる家族写真、青年期のサミーが夢中でカメラを覗き込む印象的なシーンなどが切り取られています。

スピルバーグ監督・脚本で贈る初の自伝的作品『フェイブルマンズ』の写真

本作で母を演じるのは『マンチェスター・バイ・ザ・シー』などでアカデミー賞®に4度ノミネートされたミシェル・ウィリアムズ、父には『THE BATMAN -ザ・バットマン-』のポール・ダノ。

豪華実力派俳優が集結し、スピルバーグが「この物語を語らずに自分のキャリアを終えるなんて、想像すらできない」とまでコメントするなど、自身の熱い想いが込められた渾身の最新作です!

スピルバーグ監督・脚本で贈る初の自伝的作品『フェイブルマンズ』の写真

じょうほうはコチラから: キッズイベント
フェイブルマンズ

関連記事

  1. 第1回サステナブル未来映画祭

  2. 「縁日|ENNICHI by 1→10」がオープン、体験レポート!

  3. 特別展「大哺乳類展2―みんなの生き残り作戦」ご招待券プレゼント

  4. 第46回東京モーターショー2019(The 46th Tokyo Mo…

  5. 最新映画をネタバレなしで紹介! 映画レビュー

  6. 第10回 ダヴィンチマスターズ

  7. みなとみらい 恐竜ワールド

  8. ところざわサクラタウン「光のマーケット2022」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着の動画

  1. キッズイベント

  2. キッズイベント

  3. キッズイベント

  4. キッズイベント

  5. キッズイベント