てきと〜な鉄道展

鉄道本来の魅力はもちろん鉄道に関する“てきと〜”な体験型テーマパーク「てきと〜な鉄道展」が、2022年8月6日(土)から11月27日(日)まで複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」で開催!うんこミュージアムを手掛けたチームが企画プロデュース!たぶん日本初 “てきと〜” がテーマのエンタメ空間!
真面目なイメージの鉄道を “てきと〜” なオリジナル企画に!

鉄道本来の魅力はもちろん、鉄道に関する “てきと〜” な体験型テーマパーク「てきと〜な鉄道展」が、2022年8月6日(土)から11月27日(日)まで、複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」YOKOHAMA COASTで開催!

てきと〜な鉄道展」は、子どもも大人も楽しめる場所として、鉄道本来の持つ魅力はもちろん、日常にある規則や制約から少しでも開放される “てきと〜” を感じてもらう場所です。

特に若年層を中心に “てきと〜” という言葉と改めて向きあう体験を通して、気持ちがほぐされ、「まぁなんとかなるか」と、目の前の事実を受け取れるように思えることが目的です。

また、真面目なイメージがある鉄道を題材にした “てきと〜” なオリジナル企画展示を通して、日本の誇る鉄道をもっともっと好きになってもらい、ファミリーもカップルも友だち同士も鉄道ファンもみんなが楽しんでもらうことも狙いです。



// <![CDATA[
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
// ]]>

駅さながらのデザインが施された券売機でチケットを受け取って改札を通り入場すると、約1,000平方メートルもの敷地内には、“てきと〜” を楽しめるよう創られたコンテンツが詰め込まれています。

来場者は全⻑42.5メートルにもなる「てきと〜線」というぐにゃぐにゃの車両から、「てきと〜中央駅」「エキベン・タウン駅」「メチャコミ・スクエア駅」「てつど〜ぶつパーク駅」、そして「ゲーム・ステーション駅」という主に5つの「てきと〜」で楽しい駅(エリア)を下車しながら、体験型テーマパークを楽しみます。

鉄道本来の魅力はもちろん鉄道に関する“てきと〜”な体験型テーマパーク「てきと〜な鉄道展」が、2022年8月6日(土)から11月27日(日)まで複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」で開催!うんこミュージアムを手掛けたチームが企画プロデュース!エリア1:てきと〜中央駅
「てきと〜な切符」でメインエントランスとなる改札を抜けた先にあるのは、てきと〜中央駅。最初のエリアで楽しめるのは「てきと〜お絵かき電車」。その場で自分の描いた電車のイラストが、全⻑約9メートルもの巨大なプロジェクションマッピングに投影され、まるで本物の駅のように入ってくる様子を楽しむことができます。駅さながらに表現された電光掲示板や案内板のてきと〜さ加減をお楽しみください。

鉄道本来の魅力はもちろん鉄道に関する“てきと〜”な体験型テーマパーク「てきと〜な鉄道展」が、2022年8月6日(土)から11月27日(日)まで複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」で開催!うんこミュージアムを手掛けたチームが企画プロデュース!エリア2:メチャコミ・スクエア駅
日本の鉄道では日常風景の一部でもある “満員電車” 。一見、この窮屈そうな状況を、大学生、サラリーマン、おばあさんなどさまざまな人たちが個性的な服装とポーズで集まったインスタレーションコンテンツに。満員電車や混雑したプラットホームを、ポップな作品としてお楽しみください。

鉄道本来の魅力はもちろん鉄道に関する“てきと〜”な体験型テーマパーク「てきと〜な鉄道展」が、2022年8月6日(土)から11月27日(日)まで複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」で開催!うんこミュージアムを手掛けたチームが企画プロデュース!エリア3:エキベン・タウン駅
ここは日本の鉄道でこそ楽しめるグルメコンテンツ「駅弁」をモチーフにした「てきと〜駅弁作り」。駅弁は弁当箱の形から具材のバラエティさまで、無数の組み合わせの中から構成されています。エキベン・タウンでもさまざまな弁当箱から選んで、約28種もの具材のスタンプを押すことで、自分だけの「てきと〜駅弁」をつくることができます。

鉄道本来の魅力はもちろん鉄道に関する“てきと〜”な体験型テーマパーク「てきと〜な鉄道展」が、2022年8月6日(土)から11月27日(日)まで複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」で開催!うんこミュージアムを手掛けたチームが企画プロデュース!エリア4:てつど〜ぶつパーク駅
てきと〜な鉄道展の中の唯一の休憩エリアであるこの場所では、座って、寝転んで、電車も運休中。メインに横切る「寝レール」に、チンアナ号が集まるボールプール等、遊んで寝れる「プレイパーク」です。てつどうさぎを筆頭としたバラエティ豊かな「てつど〜ぶつ」たちと出会えます。

鉄道本来の魅力はもちろん鉄道に関する“てきと〜”な体験型テーマパーク「てきと〜な鉄道展」が、2022年8月6日(土)から11月27日(日)まで複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」で開催!うんこミュージアムを手掛けたチームが企画プロデュース!エリア5:ゲーム・ステーション駅
ここは鉄道をモチーフにした多種多様なゲームで遊ぶことができるエリア。吊り革を輪投げのように遊ぶ「つりか輪投げ」に、変な人が電車に入ってくるのを防ぐ「てきと〜鉄道の達人1」、他にも、電車を積み上げていく「ぐらぐら銀河鉄道」と、誰でもできる簡単なアナログゲームからデジタルゲームまで楽しむことが可能です。

鉄道本来の魅力はもちろん鉄道に関する“てきと〜”な体験型テーマパーク「てきと〜な鉄道展」が、2022年8月6日(土)から11月27日(日)まで複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」で開催!うんこミュージアムを手掛けたチームが企画プロデュース!アソビル
さまざまなテーマで新感覚のエンターテインメントコンテンツを体験することができる、横浜駅直通の複合型体験エンタメ施設。フロアごとに異なるテーマを設定し、既存のエンターテインメントを “カルチャー、クリエイティブ、テクノロジー” によってリデザインすることで、新しい体験を提供し、より多くの人の人生をカラフルに彩ることを目標としている。

https://asobuild.com/

イベント名
てきと〜な鉄道展
開催期間
2022年8月6日(土) ~ 2022年11月27日(日)
休館日
※定休日は施設に準ずる
開催時間
10:00~19:00(最終入場受付 18:00)
対象年齢
乳児(0~3歳)
幼児(幼稚園)
小学校低学年(1、2、3年生)
小学校高学年(4、5、6年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
アソビル 2階 YOKOHAMA COAST(〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-14-9)
https://asobuild.com/access/
アクセス
・「横浜」駅みなみ東口通路直通
・「横浜」駅東口より徒歩約2分
料金
【事前予約チケット(平日)】
・大人(高校生以上):1,700円
・小学生~中学生:1,200円

【事前予約チケット(休日)】
・大人(高校生以上):1,900円
・小学生~中学生:1,300円

【当日券】
・大人(高校生以上):2,300円
・小学生~中学生:1,500円

※未就学児は無料、すべて税込価格
※各種チケットに+200円で缶バッチをプレゼント(種類は5種類、選択不可)

◎チケット購入
https://www.asoview.com/channel/ticket/rxed5KULjZ/ticket0000014592

駐車場
※アソビルに駐輪場、駐車場はありません。公共交通機関のご利用ください。

じょうほうはコチラから: キッズイベント
てきと〜な鉄道展

関連記事

  1. スケートガーデン2021「どうぶつたちのスケート場」

  2. 乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展

  3. コピーライター 梅田悟司さんインタビュー!

  4. 夜のサンシャイン水族館「もっと♡性いっぱい展」に行ってきた!

  5. 僕のワンダフル・ジャーニー

  6. 「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」開催!

  7. ウルトラマンゼロ TALKish(トーキッシュ)

  8. ゾクゾク深海生物2022

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。