ハウ

2022年/日本/カラー
配給:東映
©2022「ハウ」製作委員会

ワンと鳴けない優しい犬と
ちょっぴり気弱な青年の物語

「クイール」「マリと子犬の物語」「犬と私の10の約束」「僕のワンダフル・ライフ」。その他にも、これまで犬と人との絆が描かれた物語は、小説・映画・漫画とさまざまな形で誕生し、いつも私たちの心を癒し、何よりも勇気付けてくれました。

ときに犬は愛しい恋人であり、ともに暮らす伴侶であり、優しい親友であり、わかちあえる兄弟であり、大切な子どもであり、いつも私たちに暖かく寄り添ってくれる唯一無二の大切な存在です。

「ハウ」プロジェクトでは、私たちの最良のパートナーである犬と人との関係をひとつの物語として、小説・映画として展開します。




// <![CDATA[
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
// ]]>

小説は幾多の感動作を手がける
ヒットメーカー斉藤ひろし

原作は「キセキ-あの日のソビト-」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「余命1ヶ月の花嫁」と、これまで人と人との温かいつながりや大切な人への想いをていねいに描き続けてきた脚本家・斉藤ひろし。今回、自身が温存してきた愛犬と過ごした大切な思い出をエッセンスに小説を執筆。2022年2月7日(月)に全国の書店にて発売!

「ハウ」映画化決定!2022年夏公開!
監督は数々のヒューマンドラマを手がけた犬童一心

原作の斉藤ひろしが描きたかった、犬の神秘的で不思議と癒やされる存在感が表現された「ハウ」のメッセージ性が、小池賢太郎プロデューサーの心に連鎖し〈映画化〉が決定!

監督を務めるのは「ジョゼと虎と魚たち」「最高の人生の見つけ方」など数々の作品で人々の感情や繊細さを細かくていねいに描いてきた犬童一心。自身でも愛猫の記事を書くなど動物愛に溢れる犬童一心監督が原作者・斉藤ひろしと共同脚本としてもタッグを組み、小説とは少し違った魅力的な世界感で〈犬と人との絆〉を描きます。

ワンと鳴けない優しい犬と、ちょっぴり気弱な青年の物語「ハウ」が2022年夏ロードショー!さらに小説は2022年2月7日(月)発売開始!数々のヒューマンドラマを手がけた犬童一心監督が、犬と人の心温まる絆を描く。

じょうほうはコチラから: キッズイベント
ハウ

関連記事

  1. 月で暮らせるようになる?!専門家による「宇宙の今と未来」が知れる!オン…

  2. 泣きたい私は猫をかぶる

  3. ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)

  4. 子育 Tech(こそだてっく)が始動!

  5. 映画ざんねんないきもの事典

  6. 映画ドラえもん のび太の新恐竜

  7. かをり先生に、なんでも聞いちゃおう!

  8. アゲハチョウの蛹、ただいま越冬中!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着の動画

  1. キッズイベント

  2. キッズイベント

  3. キッズイベント

  4. キッズイベント

  5. キッズイベント