私ときどきレッサーパンダ

2022年/アメリカ/カラー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

マジメで頑張り屋の私は
ときどきレッサーパンダになっちゃう女の子!?

トイ・ストーリー』の “おもちゃの世界” 、『モンスターズ・インク』の “モンスターの世界” 、『ファインディング・ニモ』の “海の中の世界” 、『インサイド・ヘッド』の “頭の中の世界” 、『ソウルフル・ワールド』では “生まれる前の魂の世界” と、イマジネーションあふれるユニークな “もしも” の世界を描き、数々の感動的な物語を贈り届けてきたディズニー&ピクサー

そんなディズニー&ピクサーの最新作、“ときどきレッサーパンダになってしまう女の子” を描く『私ときどきレッサーパンダ』(原題:Turning RED)が、2022年3月11日(金)全国公開!

子どものお宮参りや百日祝い、七五三、入園、入学、誕生日、家族の記念写真に便利な出張撮影の「PHOTORU(ふぉとる)」。好きなとき、好きな場所で、好きなように、フォトグラファーに家族写真を依頼できます。

明日の自分をもっと好きになる
“じぶん解放” エンターテイメント!

本作の主人公メイは伝統を重んじる家庭に生まれ、両親を敬い、母親の期待に応えようと頑張るティーンエイジャーの女の子。

しかし「私はマジメ‥‥ 私は素直‥‥ 私は頑張り屋‥‥」と自分自身に言い聞かせるも、フラストレーション全開のメイは次の瞬間、大爆発! ピンク色の煙とともにモフモフのレッサーパンダに!

母親の前ではいつも “マジメで頑張り屋” のメイだが、実はアイドルや流行りの音楽も大好きで、恋をしたり、友だちとハメを外して遊んだり、やりたいことがたくさんある。

そんな彼女は、ある出来事をきっかけに本当の自分を見失い、感情をコントロールできなくなってしまう。悩み込んだまま眠りについたメイが翌朝に目を覚ますと…レッサーパンダの姿になってしまったのだ!

なぜメイはレッサーパンダになってしまうのか? そこに隠されたメイも知らない驚きの秘密とは…?

ありのままの自分を受け入れてくれる友人。メイを愛しているのに、その思いがうまく伝わらずお互いの心がすれ違う母親。さまざまな人との関係を通してメイが見つけた、本当の自分とは!?

監督はピクサーの短編アニメーション『Bao』で第91回アカデミー賞R短編アニメーション賞をアジア系女性として初めて受賞したドミー・シー。命が宿った “中華まん” を息子として育てていくコミカルかつ奇想天外なストーリーの中で、親子のほろ苦い真実と深い愛という普遍的なテーマを描き人々を魅了した。

イマジネーション溢れるピクサーの中でも誰にも真似できないようなアイデアを持つドミーは《女の子がレッサーパンダに変身する》というこの奇想天外な物語で、ピクサー最大級の驚きと感動を世界へ贈る。

そして、本当の自分を見つけようとするメイの姿に私たちは、自分らしさはひとつではなく、どんな自分でも好きになってもいのだと背中を押してもらえるだろう。

さらにディズニー&ピクサーは、世界でもっとも有名なスペース・レンジャー誕生の秘密を描く『バズ・ライトイヤー』(原題:Lightyear)を2022年7月に全国公開!「トイ・ストーリー」バズ・ライトイヤーのオリジン・ストーリーです。
ときどきレッサーパンダになってしまう女の子を描くディズニー&ピクサーの最新作『私ときどきレッサーパンダ』が2022年3月11日(金)全国公開!明日の自分をもっと好きになる “じぶん解放” エンターテイメント!

じょうほうはコチラから: キッズイベント
私ときどきレッサーパンダ

関連記事

  1. トムとジェリー

  2. 車両基地イベント「メトロファミリーパークin AYASE 2018」

  3. 西野亮廣から応募者ほぼ全員に「映画 えんとつ町のプペル」ムビチケプレゼ…

  4. 大昆虫展 in 東京スカイツリータウン® 〜みんなで応援!昆虫メダリス…

  5. キッズおりがみフェスタ2018

  6. LOST ISLAND DINO-A-LIVE(ロストアイランド ディ…

  7. 『深海のサバイバル!』伊沢拓司さん & 高井研先生(海洋研究開…

  8. いちごの日 ICHIGO PARTY

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。