ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント

東京都美術館では、「ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」を2021年9月18日(土)から12月12日(日)まで開催!見どころは16年ぶりの来日となる《夜のプロヴァンスの田舎道》。ファン・ゴッホの絵画32点、素描20点などを展示!

フィンセント・ファン・ゴッホ《夜のプロヴァンスの田舎道》
1890年5月12-15日頃 油彩、カンヴァス 90.6×72cm
クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands

ゴッホ世界最大の個人収集家ヘレーネに迫る展覧会
“糸杉シリーズ” の傑作も16年ぶりの来日!

東京都美術館では、「ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」を2021年9月18日(土)から12月12日(日)まで開催します。

今日、世界中で絶大な人気を誇るフィンセント・ファン・ゴッホ(1853〜1890)。「ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」では20世紀初頭にファン・ゴッホに魅了され、その世界最大の個人収集家となったヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869〜1939)に焦点を当てます。

東京都美術館では、「ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」を2021年9月18日(土)から12月12日(日)まで開催!見どころは16年ぶりの来日となる《夜のプロヴァンスの田舎道》。ファン・ゴッホの絵画32点、素描20点などを展示!

フィンセント・ファン・ゴッホ《黄色い家(通り)》
1888年9月 油彩、カンヴァス 72×91.5cm
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵
©Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation)

ヘレーネは画家がまだ評価の途上にあった20世紀初頭、ファン・ゴッホの約90点の絵画と180点を超える素描・版画を収集し、のちに設立したクレラー=ミュラー美術館の初代館長となった女性です。

本展の見どころのひとつが、16年ぶりの来日となる《夜のプロヴァンスの田舎道》。サン=レミ時代、ファン・ゴッホは糸杉を南仏プロヴァンスを象徴するモティーフと考え、「ひまわり」のような作品にしようと「糸杉」の制作に熱中します。その最後に描かれた本作品は、ファン・ゴッホの南仏滞在の総決算ともいえる傑作です。本作のほか、ファン・ゴッホの絵画32点、素描20点などを展示します。

東京都美術館では、「ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」を2021年9月18日(土)から12月12日(日)まで開催!見どころは16年ぶりの来日となる《夜のプロヴァンスの田舎道》。ファン・ゴッホの絵画32点、素描20点などを展示!

フィンセント・ファン・ゴッホ《レストランの内部》
1887年夏 油彩、カンヴァス 45.5×56cm
クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands



// <![CDATA[
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
// ]]>

ヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869〜1939)

36歳のとき、イタリア旅行に備え、美術評論家で教師のH.P.ブレマーの個人講義を娘と受講。これをきっかけに美術の世界にのめり込み、1907年から近代絵画の購入を始める。鉄鉱業と海運業で成功したWm H.ミュラー社の社長を継いだ夫アントンとともに、約11,500点の作品を収集した。とりわけファン・ゴッホに魅了され、約90点の絵画と180点を超える素描・版画を入手し、個人としては世界最大となるファン・ゴッホ・コレクションを築き上げた。クレラー=ミュラー美術館初代館長。

クレラー=ミュラー美術館
オランダのオッテルローの緑豊かなデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内に位置する、世界第2位のファン・ゴッホ・コレクションを誇る美術館。鉄鉱業と海運業で財をなしたクレラー=ミュラー夫妻のコレクションを公開するために1938年に開館した。今日も収集活動は続き、近現代美術を中心におよそ20,000点を収蔵する。同館はヨーロッパ最大級の彫刻庭園でも知られ、美しい自然の中で約 160点の彫刻を鑑賞できる。

【巡回予定】
福岡市美術館(2021年12月23日[木]~2022年2月13日[日])
名古屋市美術館(2022年2月23日[水]~4月10日[日])

東京都美術館では、「ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」を2021年9月18日(土)から12月12日(日)まで開催!見どころは16年ぶりの来日となる《夜のプロヴァンスの田舎道》。ファン・ゴッホの絵画32点、素描20点などを展示!

フィンセント・ファン・ゴッホ《種まく人》
1888年6月17-28日頃 油彩、カンヴァス 64.2×80.3cm
クレラー=ミュラー美術館蔵
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, the Netherlands

イベント名
ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
開催期間
2021年9月18日(土) ~ 2021年12月12日(日)
対象年齢
小学校低学年(1、2、3年生)
小学校高学年(4、5、6年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
東京都美術館 企画展示室(〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36)
https://www.tobikan.jp/guide/index.html
アクセス
・JR「上野」駅 公園口より徒歩約7分
・東京メトロ銀座線「上野」駅 7番出口より徒歩約10分
・東京メトロ日比谷線「上野」駅 7番出口より徒歩約10分
・京成電鉄「京成上野」駅より徒歩約10分
駐車場
※東京都美術館に駐車場はありません。
公式サイト
主催者名
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、東京新聞
問い合わせ
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)
その他
※休室日、開室時間、観覧料などは、決まり次第、展覧会公式ウェブサイト等でお知らせいたします。
※展示作品、会期等については、今後の諸事情により変更する場合がありますので、展覧会公式ウェブサイト等でご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止に関する取り組みについては、東京都美術館ウェブサイトhttps://www.tobikan.jpをご確認ください。

巡回予定
福岡市美術館(2021年12月23日[木]~2022年2月13日[日])
名古屋市美術館(2022年2月23日[水]~4月10日[日])

じょうほうはコチラから: キッズイベント
ゴッホ展─響きあう魂 ヘレーネとフィンセント

関連記事

  1. 夏休み企画 ワクワクに、会いに行こう!

  2. 「ゲゲゲの妖怪100物語」に行ってきた!

  3. ソウルフル・ワールド

  4. Shinagawa Open Theater(品川オープンシアター)v…

  5. 山口ゆめ花博

  6. 第3回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展

  7. ナイル殺人事件

  8. 渋谷芸術際 KIDS GAMES(キッズゲームズ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着の動画

  1. キッズイベント

  2. キッズイベント

  3. キッズイベント

  4. キッズイベント

  5. キッズイベント