発達障害啓発動画『ハッタツ凸凹あるある』世田谷区公式YouTubeで配信スタート!

世田谷区は4月2日の「世界自閉症啓発デー」を前に、自閉症をはじめとする発達障害への理解を広めるため、実際の出来事を再現した発達障害啓発動画『ハッタツ凸凹あるある』を制作、2020年3月25日(水)から世田谷区公式YouTubeで配信を開始。世田谷区役所で行なわれた動画完成記者発表会には、動画を制作した一般社団法人Get in touch代表で動画にも出演している東ちづるさんが登場。

保坂展人 世田谷区長による定例記者会見で発達障害啓発動画『ハッタツ凸凹あるある』が紹介。東ちづるさんも登壇し動画の狙いや撮影時のエピソードを紹介

“クスッ” と笑えて学べる動画を3本配信
特性を知り理解が広がれば、みんなハッピー!

世田谷区は国連が定めた4月2日の「世界自閉症啓発デー」を前に、自閉症をはじめとする発達障害への理解を広めるため、実際に起こった出来事を再現した発達障害啓発動画『ハッタツ凸凹あるある』を制作、2020年3月25日(水)から世田谷区公式YouTubeで配信がスタートしました。

エピソード1:言われた通りにやったのに…の巻
主人公は、さわやかな若手会社員。「コピーの様子を見て来て」と頼まれ、字義通りに受け取り、「ただ観ている」自閉症的エピソードを再現。

世田谷区役所で行なわれた動画完成記者発表会には、動画を制作した一般社団法人Get in touch代表で、動画にも出演している東ちづるさんが登場。「戸惑っているご家族はまだまだ多く、動画を観て、学校、職場などでも気づきがあるといい。発達障害の人たちの特性を知り、理解が広がれば、みんながハッピーになる」と、動画に込めた想いを紹介。

世田谷区は4月2日の「世界自閉症啓発デー」を前に、自閉症をはじめとする発達障害への理解を広めるため、実際の出来事を再現した発達障害啓発動画『ハッタツ凸凹あるある』を制作、2020年3月25日(水)から世田谷区公式YouTubeで配信を開始。世田谷区役所で行なわれた動画完成記者発表会には、動画を制作した一般社団法人Get in touch代表で動画にも出演している東ちづるさんが登場。

記者会見には動画に出演した中山翔太さん(写真左)とDancingLuckyBoySOUSHIN 想真さん(写真右)も駆け付けてくれました

動画は思わず “クスッ” と笑ってしまう発達凸凹ならではの「あるある」エピソードが3本。主要キャストは発達凸凹の当事者で、撮影時はアドリブ爆発の迷演技で周囲を和ませたそう。世田谷区職員も出演している。

動画制作にはNPO法人東京都自閉症協会、まぜこぜの社会をめざす一般社団法人Get in touchが監修として参画した。



// <![CDATA[
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
// ]]>

エピソード2:正直すぎて冷や汗の巻
主人公は、元気いっぱいの中学生。エレベーターに乗り込んできた人々を見て思いついた、驚きのクイズを出してしまう。

エピソード3:変化でパニックの巻
主人公は、女子高生。物を置く場所、使う水道などに「こだわり=マイルール」がある彼女は、いつもと違うことが起きると、パニックを起こしてしまう。

じょうほうはコチラから: キッズイベント
発達障害啓発動画『ハッタツ凸凹あるある』世田谷区公式YouTubeで配信スタート!

関連記事

  1. 演芸まつり~親子ぱるてのん演芸会~

  2. 第177回 NTT東日本 N響コンサート

  3. 『青夏 きみに恋した30日』完成披露試写会プレゼント!

  4. くまのがっこうあそびひろば

  5. マティス 自由なフォルム

  6. 体感アトラクション かいじゅうのすみか

  7. 記憶屋 あなたを忘れない

  8. 映画 えんとつ町のプペル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着の動画

  1. キッズイベント

  2. キッズイベント

  3. キッズイベント

  4. キッズイベント

  5. キッズイベント