True Colors MUSICAL ファマリー「ホンク!〜みにくいアヒルの⼦〜」が上演!

20200216_report_HONK_01

日本財団主催「True Colors Festival – 超ダイバーシティ芸術祭 – 世界はいろいろだから面白い」の第四弾演目「ホンク!〜みにくいアヒルの子〜」が2020年2⽉15⽇(⼟)・16⽇(⽇)、東京建物 Brillia HALL(豊島区⽴芸術⽂化劇場)で上演。アフタートークには乙武洋匡さん、RYUCHELL(りゅうちぇる)さんが登場しました

変わったのは容姿だけ?
“本当の生まれ変わり” とは?

主役は歩行器を利用した脳性麻痺の俳優、お母さん役は車イスで舞台にあがる。役の上での演出ではない。さまざまな種類の障がいのある俳優たちが舞台に立ち、アンデルセンの名作童話『みにくいアヒルの子』をもとにしたミュージカル「ホンク!〜みにくいアヒルの子〜」を観せてくれました。

日本財団主催「True Colors Festival – 超ダイバーシティ芸術祭」の第4弾演目「ホンク!〜みにくいアヒルの子〜」が2020年2⽉15⽇(⼟)・16⽇(⽇)、劇団ファマリーにより東京建物 Brillia HALLで上演。アフタートークには乙武洋匡さん、RYUCHELLさんが登場!

主役のみにくいアヒルの子アグリーを演じたアダム・ラッセル・ジョンションさん(写真右)と、お母さん役のエリン・シュナイダーさん(写真左)。本公演は英国演劇界の最高峰ローレンス・オリヴィエ賞の最優秀ミュージカル賞に輝いた、世界中で愛されているミュージカル・コメディ

演じたのはアメリカの障がい者による劇団ファマリー(Phamaly)。作品や芸術表現をより高める一翼として障がいを使い、それによって障がいのある人々に対する社会の認識を変えてきた。



// <![CDATA[
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
// ]]>

童話『みにくいアヒルの子』は、家族の中で1人だけ異なる見た目による差別の話。最後は美しい容姿(白鳥)になり、今までバカにしてきた人たちを見返して終わることになる。

しかし劇団ファマリーの舞台では、変化したのは容姿だけではなく、アヒルの子の認識も変わり、世界を異なる視点から見ることができるようになったのでは、という新しい解釈を加えている。“認識が変わること” こそ、 “本当の生まれ変わり” ではないかと。そして劇団ファマリーの、さまざまな個性を持つ俳優が演技をしている舞台からは、それをより実感できる。

【イベント概要】True Colors MUSICAL ファマリー「ホンク!〜みにくいアヒルの⼦〜」

日本財団主催「True Colors Festival – 超ダイバーシティ芸術祭」の第4弾演目「ホンク!〜みにくいアヒルの子〜」が2020年2⽉15⽇(⼟)・16⽇(⽇)、劇団ファマリーにより東京建物 Brillia HALLで上演。アフタートークには乙武洋匡さん、RYUCHELLさんが登場!

英語劇なので舞台上部に日本語字幕が表示。また開演前には物語のあらすじを、手話とやさしい日本語で紹介

鹿子澤拳さん、東野寛子さん
2人の日本人アーティストも参加!

日本での上演ということで、ミュージカル俳優の東野寛子さん、ダンサーの鹿子澤拳さんも参加。鹿子澤拳さんはアヒルの子をそそのかすネコの役として舞台に出ずっぱり。東野寛子さんはアヒルの子の中の1羽、そして主人公みにくいアヒルの子アグリーと出会うヒロインの白鳥ペニーを一人二役で魅せてくれました。

日本財団主催「True Colors Festival – 超ダイバーシティ芸術祭」の第4弾演目「ホンク!〜みにくいアヒルの子〜」が2020年2⽉15⽇(⼟)・16⽇(⽇)、劇団ファマリーにより東京建物 Brillia HALLで上演。アフタートークには乙武洋匡さん、RYUCHELLさんが登場!

ヒロインの白鳥ペニーを演じる東野寛子さん。アグリーはペニーと出会うことで人生が大きく変わっていく

さらに聴覚障害のある鹿子澤さんは盲目の歌手サマンサ・バラッソさんとペアを組み、サマンサさんは鹿子澤さんに踊り出しのタイミングを合図し、鹿子澤さんはサマンサさんを立ち位置に連れて行くなど、苦手な部分をさりげなく補うとともに、それがとてもよい相乗効果をもたらし、とても魅力ある、ファマリーだからこそのネコになっていた。鹿子澤さんのコミカルな動き、サマンサさんの歌も素晴らしく、とても見応えがあった。

日本財団主催「True Colors Festival – 超ダイバーシティ芸術祭」の第4弾演目「ホンク!〜みにくいアヒルの子〜」が2020年2⽉15⽇(⼟)・16⽇(⽇)、劇団ファマリーにより東京建物 Brillia HALLで上演。アフタートークには乙武洋匡さん、RYUCHELLさんが登場!

盲目の歌手サマンサ・バラッソさん(写真左)とペアを組む鹿子澤拳さん(写真中央)。二人一役のネコはファマリーならでは演出。鹿子澤さんがネコの動き、セリフと歌はサマンサさん。二人の息はぴったり

誰もが居心地のよい会場づくり
さまざまな鑑賞サポート

劇場も多様な背景や個性の方が楽しめるよう、タブレットによる日本語・英語字幕、音声ガイド(日本語吹替/日本語吹替+状況説明)、筆談ボード、点字チラシ、拡大パンフレット、車イス観劇スペース、補助犬利用での観劇などに対応。実際、会場内には車イスの方、お子さん連れの方など、さまざまな方が来場していました。

英語劇だったため、小さいお子さんが観るにはもうひと工夫必要だと思いましたが、誰もが舞台に上がれる、誰もが舞台を観られる、そういうチャンスがある、環境がある、ということを知るには、とてもよい機会でした。日本でもこのような舞台が増え、誰もが気軽に観られるようになるといいし、そうしていかなければいけないなと感じました。

日本財団主催「True Colors Festival – 超ダイバーシティ芸術祭」の第4弾演目「ホンク!〜みにくいアヒルの子〜」が2020年2⽉15⽇(⼟)・16⽇(⽇)、劇団ファマリーにより東京建物 Brillia HALLで上演。アフタートークには乙武洋匡さん、RYUCHELLさんが登場!

タブレットによる日本語・英語字幕。前のイスの背もたれにタブレットを設置する

日本財団が日本で初めて開催する
“超ダイバーシティ芸術祭”

日本財団では2019年夏〜2020年夏の1年間にわたり、障がい・性・世代・言語・国籍などのあらゆる多様性があふれ、みんなが支え合う社会をめざす「True Colors Festival – 超ダイバーシティ芸術祭-」を展開、観て・学んで・参加できる多彩なプロジェクトを開催中です。今回の劇団ファマリーによる「ホンク!〜みにくいアヒルの子〜」もその一環。今後も展覧会やワークショップ、トークショーなど、さまざまなイベントの開催が予定されています。

True Colors Festival – 超ダイバーシティ芸術祭-
https://truecolors2020.jp

日本財団主催「True Colors Festival – 超ダイバーシティ芸術祭」の第4弾演目「ホンク!〜みにくいアヒルの子〜」が2020年2⽉15⽇(⼟)・16⽇(⽇)、劇団ファマリーにより東京建物 Brillia HALLで上演。アフタートークには乙武洋匡さん、RYUCHELLさんが登場!

上演後にはアフタートークが実施され、初日の15⽇(⼟)はTrue Colors Festivalのアンバサダー RYUCHELL(りゅうちぇる)さんと、ファマリー芸術監督のリーガン・リントンさん、アフタートーク モデレーターの岸田ひろ実さんが登場。多様性や、子育てにまつわる体験を話してくれました(写真:冨田了平)

日本財団主催「True Colors Festival – 超ダイバーシティ芸術祭」の第4弾演目「ホンク!〜みにくいアヒルの子〜」が2020年2⽉15⽇(⼟)・16⽇(⽇)、劇団ファマリーにより東京建物 Brillia HALLで上演。アフタートークには乙武洋匡さん、RYUCHELLさんが登場!

16日(日)にはTrue Colors Festival アンバサダーの乙武洋匡さんと、今回ファマリーに初めて出演したダンサーの鹿子澤拳さん、ミュージカル俳優の東野寛子さんが登場。アメリカでの稽古と、舞台の裏話を紹介してくれました(写真:冨田了平)

じょうほうはコチラから: キッズイベント
True Colors MUSICAL ファマリー「ホンク!〜みにくいアヒルの⼦〜」が上演!

関連記事

  1. アートパラ深川おしゃべりな芸術祭

  2. ホラー水族館「七人ミサキ」に行ってきた!

  3. My Special Aflac Duck(MSAD)を日本大学医学部…

  4. 騙し絵の牙

  5. 「江戸のスポーツと東京オリンピック」夏休み自由研究デー

  6. ムーラン

  7. かいけつゾロリ大冒険展

  8. 企画展「科学捜査の秘密3 ー見えない証拠を科学で解き明かせー」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着の動画

  1. キッズイベント

  2. キッズイベント

  3. キッズイベント

  4. キッズイベント

  5. キッズイベント