ホラー水族館「海の妖女 “セイレーン” ~生きている恐怖~」

サンシャイン水族館では、お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏とコラボレーションしたホラー水族館「海の妖女 “セイレーン” ~生きている恐怖~」を2020年1月23日(木)~3月8日(日)の夜間に開催!水族館ならでは恐怖を体験できる人気の新感覚ホラー水族館の第4弾!これまで約6,500万人が恐怖した
「ホラー水族館」第4弾!

サンシャイン水族館では、お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏とのコラボレーション企画第4弾、ホラー水族館海の妖女 “セイレーン” ~生きている恐怖~」を2020年1月23日(木)~3月8日(日)の夜間に開催します。

本企画は、お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏の全面プロデュースによる水族館の特性を活かした視覚・聴覚で「恐怖」を体験できる新感覚の “ホラー水族館” です。

2016年に開催した第1弾「呪いの水櫛」が水族館初となるホラーイベントとして話題を呼び、2017年は「あやかしの人魚」、2018年は「七人ミサキ」を実施。水族館での新しい恐怖体験が好評で、シリーズ合計で約6,500万人を動員しました。




// <![CDATA[
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
// ]]>

第4弾のテーマは
海の妖女セイレーン

第4弾となる今回のテーマは、ギリシャ神話の中に登場する生き物で、美しい声で船乗りを惑わし、船を難破させてしまうと言われてきたセイレーン。かの有名な探検家コロンブスも航海中に出会ったと言われています。

その姿は人魚の姿と一体化して、羽の生えた人魚や二つ尾を持つ人魚などという姿に描かれるようになり、多くの絵や工芸品、書物などに描かれています。しかし、今回サンシャイン水族館で生体展示されることとなったセイレーンは、絵に描かれたような妖艶な女性ではなく、驚くべきことにもっと凶暴な野生動物に近いものでした…。

今回も五味弘文氏の演出と書き下ろし脚本により、癒しの水族館が一転、恐怖の空間へと変貌! 寒い冬に、さらに肝を冷やす体験、思わず鳥肌が立つ恐怖を、普段の雰囲気とは一変した閉館後の水族館で体験できます。

【関連イベントレポート】ホラー水族館「七人ミサキ」に行ってきた!

「海の妖女 “セイレーン” ~生きている恐怖~」序章

近年の異常気象によって海洋の環境も急激に変化し、以前なら見ることのなかった深海の魚が網にかかるようになった。このような変化の中、かつては想像上の生き物だと考えられていたものが発見されることもある。セイレーンもそのひとつである。

2019年12月、日本の近海において魚の網に掛かった謎の生物が捕獲された。その姿は、人間の女性に似ていたが、明らかに人間とは違っていた。手足が鳥のようだったからだ。

この珍しい生き物を生きたまま捕獲しようとした漁師の一人は、鋭い歯によって喉を食い破られて死亡した。また別の漁師は、長い爪によって腹を割かれ、重傷を負った。

ようやく取り押さえ、海洋生物学研究室に持ち込まれたとき、生物学者は驚きの声をあげた。それが、長年研究をしていたセイレーンだったからである。しかし、その姿や生態は、多くの絵に描かれたような妖艶な女性ではなく、もっと凶暴な野生動物に近いものだった。

今回、サンシャイン水族館では、実際に生きているセイレーンを展示することとなった。これは史上初の快挙であり、世界中の注目を集める貴重な展示である。セイレーンの描かれた絵や書物、ミイラ、骨などとともに楽しんでもらいたい。

しかし、生体展示をするにあたって、何人もの水族館スタッフが犠牲となっている。

セイレーンの生態が十分わかっていないため、予想もし得ないことが起こるかもしれない。この観覧は貴重な体験だが、自分の身は自分で守りながら体験してほしい。

20180927_event_sunshin_misaki_02五味弘文
お化け屋敷プロデューサー。1992年、後楽園ゆうえんち(現 東京ドームシティ アトラクションズ)において、『麿赤兒のパノラマ怪奇館』を開催し、大きな反響を呼ぶ。以降、お化け屋敷にオリジナルの「ストーリー」を持ち込み、お客様に「ミッション」「役割」を担わせることでそのストーリーに参加させるスタイルを確立する。その後も、赤ん坊を抱いて歩く『赤ん坊地獄』、手錠に繋がれて歩く『LOVE CHAIN〜恐怖の鎖地獄』、本物の廃屋を移築してお化け屋敷にした『東京近郊A市〜呪われた家』、靴を脱いで体験する『足刈りの家』、死者と指切りをする『ゆびきりの家』など、さまざまな設定のお化け屋敷をつくり続けている。今春、東京ドームシティ アトラクションズに常設お化け屋敷「怨霊座敷」をオープン。著書に『人はなぜ恐怖するのか?』(メディアファクトリー)、『お化け屋敷になぜ人は並ぶのか』(角川oneテーマ21)、小説『憑き歯〜密七号の家』(幻冬舎文庫)がある。

イベント名
ホラー水族館「海の妖女 “セイレーン” ~生きている恐怖~」
開催期間
2020年1月23日(木) ~ 2020年3月8日(日)
開催時間
・月〜木 18:30〜21:00
・金〜日・祝 18:30〜22:00
※最終入場は終了30分前まで。
※通常の水族館は18:00で閉館し、「ホラー水族館」は夜間特別営業として18:
30より開館します。
対象年齢
小学校低学年(1、2、3年生)
小学校高学年(4、5、6年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
サンシャイン水族館(東京都豊島区東池袋3-1)
アクセス
・東京メトロ有楽町線「東池袋」駅より徒歩約5分
・JR/東京メトロ/西武線/東武線「池袋」駅より徒歩約10分
・都電荒川線「東池袋四丁目」停留所より徒歩約6分
料金
・大人(高校生以上):2,200円(2,000円)
・こども(小・中学生):1,200円(1,100円)
・幼児(4歳以上):700円(600円)
・大人ペア:3,500円(3,200円)
※( )内は前売券の料金。ファミリーマート「Famiポート」で日時指定の前売券を販売。
駐車場
1,800台(4時間まで30分毎 300円、4〜8時間 2,400円、8〜10時間 2,400円+8時間超過30分毎 300円加算、10〜24時間 3,600円)

じょうほうはコチラから: キッズイベント
ホラー水族館「海の妖女 “セイレーン” ~生きている恐怖~」

関連記事

  1. レゴ®ムービー2

  2. Little Planet × XFLAG ダイバーシティ東京プラザ

  3. ダヴィンチマスターズ 2018年サマースクール

  4. 第11回 ダヴィンチマスターズ

  5. ジョジョ・ラビット

  6. MIRAI SUMMER CAMP 2018

  7. 映画『キャッツ』日本語吹替え版制作発表会!

  8. 『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』プリキュアSP…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着の動画

  1. キッズイベント

  2. キッズイベント

  3. キッズイベント

  4. キッズイベント

  5. キッズイベント