熱帯の昆虫と食虫植物

板橋区立熱帯環境植物館で2019年9月1日(日)まで「熱帯の昆虫と食虫植物」を開催!夏休みは小中学生の入館が無料!子供たちが大好きなヘラクレスオオカブトの展示をはじめ、東南アジアのカブトムシやクワガタとの触れあい、日本ではあまり見ることができない昆虫や食虫植物を間近で観察できます。夏休みの自由研究にも!夏休みは小中学生の入館が無料!
カブトムシ、クワガタとの触れあい!

板橋区立熱帯環境植物館では、子どもたちの夏休み自由研究としても好評な特別展示「熱帯の昆虫と食虫植物」を2019年7月13日(土)〜9月1日(日)まで開催!

しかも、夏休み期間となる2019年8月30日(金)までと毎週土曜日・日曜日は、小中学生の入館が無料です!



// <![CDATA[
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
// ]]>

ヘラクレスオオカブトをはじめ
さまざまな種類の昆虫や食虫植物を観察!

「熱帯の昆虫と食虫植物」では、東南アジアのカブトムシクワガタと実際に触れあえる『昆虫ふれあいコーナー』をはじめ、中南米のヘラクレスオオカブトなどの生体を展示する『生体展示コーナー』『標本展示コーナー』『食虫植物コーナー』など、日本ではあまり見ることができない、さまざまな種類の昆虫や食虫植物を間近で観察することができます。

昆虫ふれあいコーナー
展示室内に設置された特別ブース内で、東南アジアのカブトムシやクワガタとふれあい体験ができます。奇数日にはアトラスオオカブト、偶数日にはツヤクワガタヒラタクワガタの展示となります。

板橋区立熱帯環境植物館で2019年9月1日(日)まで「熱帯の昆虫と食虫植物」を開催!夏休みは小中学生の入館が無料!子供たちが大好きなヘラクレスオオカブトの展示をはじめ、東南アジアのカブトムシやクワガタとの触れあい、日本ではあまり見ることができない昆虫や食虫植物を間近で観察できます。夏休みの自由研究にも!

昆虫ふれあいコーナー

板橋区立熱帯環境植物館で2019年9月1日(日)まで「熱帯の昆虫と食虫植物」を開催!夏休みは小中学生の入館が無料!子供たちが大好きなヘラクレスオオカブトの展示をはじめ、東南アジアのカブトムシやクワガタとの触れあい、日本ではあまり見ることができない昆虫や食虫植物を間近で観察できます。夏休みの自由研究にも!

昆虫ふれあいコーナー

生体展示コーナー
中南米のヘラクレスオオカブト、東南アジアのギラファノコギリクワガタ、オセアニアのニジイロクワガタなどの生体を展示します。

板橋区立熱帯環境植物館で2019年9月1日(日)まで「熱帯の昆虫と食虫植物」を開催!夏休みは小中学生の入館が無料!子供たちが大好きなヘラクレスオオカブトの展示をはじめ、東南アジアのカブトムシやクワガタとの触れあい、日本ではあまり見ることができない昆虫や食虫植物を間近で観察できます。夏休みの自由研究にも!

生体展示コーナー(ニジイロクワガタ)

食虫植物ちょこっとガイド
スタッフの説明を聞きながら、施設内で展示されている食虫植物を見学できるガイドプログラムです。2019年7月17日(水)〜8月30日(金)の火、水、木、金曜日限定、15:00〜15:15(約15分間)

板橋区立熱帯環境植物館で2019年9月1日(日)まで「熱帯の昆虫と食虫植物」を開催!夏休みは小中学生の入館が無料!子供たちが大好きなヘラクレスオオカブトの展示をはじめ、東南アジアのカブトムシやクワガタとの触れあい、日本ではあまり見ることができない昆虫や食虫植物を間近で観察できます。夏休みの自由研究にも!

チャオのぱくぱくタイム
「チャオ」の愛称で親しまれている、体幅1mを超す淡水エイ『ヒマンチュラ・チャオプラヤ』に、飼育員がエサをやる様子を見学できます。日本全国でも展示例が少ない、珍しい巨大淡水エイがエサを食べる姿は、迫力満点! 2019年7月17日(水)〜8月30日(金)の火、水、木、金曜日限定、15:30〜15:35(約5分間)

板橋区立熱帯環境植物館で2019年9月1日(日)まで「熱帯の昆虫と食虫植物」を開催!夏休みは小中学生の入館が無料!子供たちが大好きなヘラクレスオオカブトの展示をはじめ、東南アジアのカブトムシやクワガタとの触れあい、日本ではあまり見ることができない昆虫や食虫植物を間近で観察できます。夏休みの自由研究にも!

巨大淡水エイの迫力満点「チャオのぱくぱくタイム」

板橋区立熱帯環境植物館で2019年9月1日(日)まで「熱帯の昆虫と食虫植物」を開催!夏休みは小中学生の入館が無料!子供たちが大好きなヘラクレスオオカブトの展示をはじめ、東南アジアのカブトムシやクワガタとの触れあい、日本ではあまり見ることができない昆虫や食虫植物を間近で観察できます。夏休みの自由研究にも!板橋区立熱帯環境植物館(グリーンドームねったいかん)

東南アジアの熱帯雨林を立体的に再現した、潮間帯植生、熱帯低地林、集落景観の3つの植生ゾーンに分かれた温室を中心に、熱帯の高山帯の雲霧林を再現した冷室、さらに地階にはミニ水族館を設け、海から山へと続く、一連の熱帯環境を楽しみながら学べる博物館型植物館。

施設全体で約3000平方メートル、そのうち植栽面積は1000平方メートルで、地下1階から地上2階までの吹き抜けとなる大空間を確保しています。

隣接している高島平温水プールや高島平ふれあい館とともに、板橋清掃工場の余熱を利用した省エネルギー型の施設として1994年9月に開館。2019年で開館25周年を迎え、地元の方からも長年愛されています。

板橋区立熱帯環境植物館http://www.seibu-la.co.jp/nettaikan/

板橋区立熱帯環境植物館で2019年9月1日(日)まで「熱帯の昆虫と食虫植物」を開催!夏休みは小中学生の入館が無料!子供たちが大好きなヘラクレスオオカブトの展示をはじめ、東南アジアのカブトムシやクワガタとの触れあい、日本ではあまり見ることができない昆虫や食虫植物を間近で観察できます。夏休みの自由研究にも!

淡水のミニ水族館

板橋区立熱帯環境植物館で2019年9月1日(日)まで「熱帯の昆虫と食虫植物」を開催!夏休みは小中学生の入館が無料!子供たちが大好きなヘラクレスオオカブトの展示をはじめ、東南アジアのカブトムシやクワガタとの触れあい、日本ではあまり見ることができない昆虫や食虫植物を間近で観察できます。夏休みの自由研究にも!

国内でも珍しい、東南アジアの巨大淡水エイ「ヒマンチュラ・チャオプラヤ(アカエイ科)」を見ることができる

イベント名
熱帯の昆虫と食虫植物
開催期間
2019年7月13日(土) ~ 2019年9月1日(日)
休館日
2019年7月16日(火)、22日(月)、29日(月)、8月5日(月)、19日(月)、26日(月)
開催時間
10:00〜18:00 ※入館は17:30まで
対象年齢
乳児(0~3歳)
幼児(幼稚園)
小学校低学年(1、2、3年生)
小学校高学年(4、5、6年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
板橋区立熱帯環境植物館(東京都板橋区高島平8-29-2)
アクセス
・都営三田線「高島平」駅 東口より徒歩約7分
料金
【入館料】
・大人:260円
・小・中学生:130円
・65才以上:130円
※未就学児:無料
※土・日曜日、20197月23日(火)〜8月30日(金)は小・中学生入館無料!
駐車場
なし
主催者名
西武造園・横浜八景島・西武緑化管理共同企業体
問い合わせ
板橋区立熱帯環境植物館
TEL:03-5920-1131

じょうほうはコチラから: キッズイベント
熱帯の昆虫と食虫植物

関連記事

  1. オリジナルロマンスカーをつくって応募!

  2. 「クマのプーさん展」に行ってきた!

  3. 神田明神「節分祭豆まき式」

  4. 「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:E…

  5. あの夏のルカ

  6. Barbie loves TOKYO SKYTREE RUNWAY

  7. 「世界一受けたい授業 THE LIVE 恐竜に会える夏!」横浜公演に行…

  8. 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着の動画

  1. キッズイベント

    ハウ
  2. キッズイベント

  3. キッズイベント

  4. キッズイベント

  5. キッズイベント