アゲハチョウの蛹、ただいま越冬中!

子供たちが大好きな虫、昆虫、蝶の仲間のアゲハチョウ(ナミアゲハ)の飼育、飼い方、越冬、冬眠の方法。今回は自然にまかせて、屋外でアゲハチョウの蛹の越冬に挑戦!

2018年10月27日(土)、ベランダの山椒の木にアゲハチョウが卵を産み付けました。アゲハチョウは脚の先に味覚を感じる器官があり、脚で葉を叩く「ドラミング」によって葉に小さな傷を付け、エサかどうかを確認するのだそうです。写真を見ると、まさに「ドラミング」をし、大丈夫そうだから卵を産んでいるように見えます。しかし葉が邪魔をして卵を産み付けているところが見えないのが残念!

自然にまかせて
アゲハチョウの蛹の越冬に挑戦!

2018年の10月も終わるころ、ベランダを眺めていたら一匹のアゲハチョウ山椒の木にやってきました。お尻を葉に付けていたので、もしやと思い急いでカメラを持ってきて撮影すると、思ったとおり卵を産んでいて、葉には黄色い小さな卵が付いていました。

【関連ページ】アゲハチョウの卵から幼虫・蛹・羽化まで! アゲハチョウ(ナミアゲハ)の幼虫の飼育と羽化

子供たちが大好きな虫、昆虫、蝶の仲間のアゲハチョウ(ナミアゲハ)の飼育、飼い方、越冬、冬眠の方法。今回は自然にまかせて、屋外でアゲハチョウの蛹の越冬に挑戦!

2018年10月27日(土)に産み付けられた卵、直径1ミリほどの大きさです。葉っぱは枯れはじめてきています

アゲハチョウは3月〜10月にかけて3回〜4回ほど産卵します。成虫の寿命は約2週間なので、1匹がその期間に数回産卵するということではなく、3月の卵は6月には成虫になり卵を生み、その卵は9月には成虫になり卵を産みます。そして9月の卵は越冬して翌春に成虫になり、卵を産むというわけです。

つまり、この子が羽化するのは2019年の春。それには越冬する必要があるとともに、冬に向かって山椒の葉は枯れてしまうので、蛹になる前にエサがなくなってしまうという心配も出てきました。

以前、秋〜冬に室内で飼育し羽化したこともありますが、花が咲いていない冬では、せっかく羽化しても外に逃すこともできず、それはそれでかわいそうでした。

そこで、蛹の越冬にも興味があったので、今回は自然の成り行きにまかせ、そのまま外で飼育することにしました。エサの問題も自然まかせ。幼虫の姿で越冬はできないでしょうから、エサがなくなる前に蛹になれればいいのですが。

子供たちが大好きな虫、昆虫、蝶の仲間のアゲハチョウ(ナミアゲハ)の飼育、飼い方、越冬、冬眠の方法。今回は自然にまかせて、屋外でアゲハチョウの蛹の越冬に挑戦!

20日もすると緑色の幼虫に。葉も少なくなってきていますが、暖かい時期の幼虫に比べて動きは少なくゆっくり、そして少食です。体も小さめ

卵はその後にも産み付けられていたようで、気がつくと小さな幼虫が4匹ほどになりました。しかしだんだんと葉は枯れ、それとともに1匹、また1匹といなくなりました。動きは鈍くなりますが、寒い中でも幼虫は生きていたので、エサさえあれば蛹になれるのかもしれません。結局、なんとか蛹になれたのは1匹だけ、卵が産み付けられてから約2ヵ月ほど経った12月24日(月・振)でした。

子供たちが大好きな虫、昆虫、蝶の仲間のアゲハチョウ(ナミアゲハ)の飼育、飼い方、越冬、冬眠の方法。今回は自然にまかせて、屋外でアゲハチョウの蛹の越冬に挑戦!

蛹になるのが近づいてきたのか、快適な場所を探すため、木から降りてウロウロ。しかし何度か下に落ちていることもあり、そのたびに拾って木に戻してあげました。体力の限界?

しかしだんだんと餌がなくなる中、いつもと比べると小ぶりな幼虫で、蛹になる前に木から落ちていたり、なんとかギリギリ蛹になれたという感じでした。自然界でも、たくさんの幼虫が間に合わずに死んでしまっているんでしょうね。

蛹の色は保護色のようにまわりの色に合わせるので、今の蛹は角度によっては木の枝そのもののような色。本来は10日〜2週間程度で羽化しますが、越冬の場合は長いと5ヵ月ほど蛹の状態でいることもあるようです。この蛹は2019年2月末現在、蛹になってから2ヵ月ほど。少なくともあと1ヵ月くらいは蛹でいないと、羽化しても食べ物がなさそうです。

春先に見るチョウの多くが、このように越冬を経て成虫になっています。アゲハチョウやモンシロチョウは蛹で、卵や幼虫、なかには成虫の姿で冬眠するかのように越冬する種類もいるそうです。チョウにとって越冬は文字通り生死をかけたもの。春にチョウチョを見かけたら、「がんばったんだね」と声をかけてあげたくなりますね。

さて、うちのアゲハチョウは無事羽化できるでしょうか? どうなるでしょうね。続きます(2019年2月24日[日])。

【関連ページ】アゲハチョウの卵から幼虫・蛹・羽化まで! アゲハチョウ(ナミアゲハ)の幼虫の飼育と羽化

子供たちが大好きな虫、昆虫、蝶の仲間のアゲハチョウ(ナミアゲハ)の飼育、飼い方、越冬、冬眠の方法。今回は自然にまかせて、屋外でアゲハチョウの蛹の越冬に挑戦!

12月21日(金)、ようやく蛹になる準備。通常、ここからツノのようなものが生える蛹の形になるまで(その途中経過を見たいと思いつつ、いつも見逃してしまうくらい)すぐなのに、なかなかその形になりません

20190225_ikimono_ageha_20181222

翌日(12月22日[土])になっても形は変わらず、しかも何となく干からびてきた感じ。もしかしたら、ここで力尽きてしまったのかも‥‥

子供たちが大好きな虫、昆虫、蝶の仲間のアゲハチョウ(ナミアゲハ)の飼育、飼い方、越冬、冬眠の方法。今回は自然にまかせて、屋外でアゲハチョウの蛹の越冬に挑戦!

と思っていたら、12月24日(月・振)にようやく蛹の姿に。寒いときには時間がかかるんですかね? 結局、これだけ時間があっても途中経過は見られずでした

子供たちが大好きな虫、昆虫、蝶の仲間のアゲハチョウ(ナミアゲハ)の飼育、飼い方、越冬、冬眠の方法。今回は自然にまかせて、屋外でアゲハチョウの蛹の越冬に挑戦!

12月24日(月・振)の蛹の別の角度。葉の多いところで蛹になると緑、木の枝ではこのように茶色の蛹になります。こうやってみると、木と同化していますね

子供たちが大好きな虫、昆虫、蝶の仲間のアゲハチョウ(ナミアゲハ)の飼育、飼い方、越冬、冬眠の方法。今回は自然にまかせて、屋外でアゲハチョウの蛹の越冬に挑戦!

2019年2月24日(日)の蛹の姿。昨年末から変わらずですが、あと1ヵ月くらい、でしょうか。羽化が見られるといいな

じょうほうはコチラから: キッズイベント
アゲハチョウの蛹、ただいま越冬中!

関連記事

  1. 山口ゆめ花博

  2. 雑司ヶ谷鬼子母神「節分豆まき」

  3. 国立天文台と学ぶ宇宙、そしてアルマ望遠鏡

  4. 親子でクッキング☆英語で作ろう!おにぎらず

  5. ジュディ 虹の彼方に

  6. リウマチは寛解をめざせる病気!(湯川リウマチ内科クリニック院長 湯川宗…

  7. あけてみようかがくのとびら展

  8. 「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」ご招待券プレゼント!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着の動画

  1. キッズイベント

  2. キッズイベント

  3. キッズイベント

  4. キッズイベント

  5. キッズイベント