「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス」に行ってきた!

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』は2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、渋谷ヒカリエ 8/COURTにて開催

サーカスのように
アートに参加して楽しめる展覧会!

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)の5日間、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエ 8/COURTにて開催。9月12日(水)にプレス内覧会が行なわれました。

同展覧会は “多様な人々がアートと出合い、さまざまな角度からアートを楽しむ展覧会” をめざして実施しているもので、2017年に続く2回目。2017年は10月、青山のスパイラルホールで2週間にわたり障害のある作家や現代美術家、タレントでアーティストの香取慎吾さんを含む23組とともに開催しました。

今回は「サーカス」をコンセプトに7名のアーティストが参加する5日間限定の展覧会となり、アートの展示はもちろん、公開制作やトークセッションなど、いろいろなイベントが予定されています。
※イベント内容・開催時間はこちら
https://www.diversity-in-the-arts.jp/exhibition2020/moto-circus

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

テントを利用し、サーカス小屋のようなイメージの会場

会場はテントを使いサーカス小屋のようなイメージ。テントにはところどころ丸い穴が開けられ、外からでも会場内を覗けるようになっています。

展示されている作品はアートに参加して楽しめるよう “顔はめパネル” になっていたり、作品を展示する什器も、ぽっちゃり、のっぽ、胴長と名前のつけられた動物の形をし、アーティストの作品と展覧会の空間全体が、まるでサーカスのように、誰もが楽しめるものとなっています。

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

アートに参加して楽しめる “顔はめパネル” になっている作品も

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

“顔はめパネル” は、もちろん写真を撮って楽しめます

また運営には高校生から社会人までのボランティアが20名ほど参加します。ボランティアの方にとってのこの展覧会の魅力は、作家やデザイナー、キュレーターなどの専門家の第一線の仕事を間近で見られること。『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』は、2020年に向けて一緒に展覧会をつくっていく仲間を募集する場にもなっています。

アートに参加して楽しめる展覧会『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』は、2018年9月17日(月・祝)まで渋谷ヒカリエ 8/COURTで開催!

【イベント紹介】2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)渋谷ヒカリエで開催!日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS とは
誰もが参加できるるインクルーシブな社会の実現を目指し、日本財団は障害者に関わる事業に多角的に取り組んでいます。そのひとつである「日本財団 DIVERSITYIN THE ARTS(ニッポンザイダン ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)」は、アートを通して多様性の意義と価値を広く伝え、越境を導くため、多くの人々が参加者となり、新たな担い手や企てが生まれるよう、東京オリンピック、パラリンピックが開催される2020年に続く未来に向けて展開するプロジェクトです。
■日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSオフィシャルサイト

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

什器も楽しめるものをと、動物の形に。写真はゾウのような「ぽっちゃり」。飾られている作品は、小松和子さんの「かえるのともだち」

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

動物というより、「のっぽ」という名前そのものの什器。川内理香子さんの作品を展示

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

一番大きな什器の「胴長」。飾られている作品は、古谷秀男さんのドローイング4点

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

会場に駆けつけたアーティストの竜之介さん。iPhoneで気になるものを撮影し、あとからその絵を描くとのこと

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

竜之介さんは内覧会の最中も、ずっと描き続けていました

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

アーティスの川内理香子さん(写真右)。「こんなに什器がおもしろい展覧会ははじめて、楽しみです」

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

「胴長」には清水千秋さんの作品3点も展示

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

アーティストの清水千秋さん

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

作品の題材は身近な物事やテレビの中の人物が多く、刺繍でできています

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

渡邊義紘さんの、葉っぱを折り紙のように折ってつくった動物たち。渡邊義紘さんは9月13日(木)・14日(金)の14時から切り絵の公開制作を行ないます

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSは2018年9月13日(木)〜17日(月・祝)、2020年に向けた新たな展覧会の幕開けとして『日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス』を渋谷ヒカリエで開催。行ってきました。

ロンドンで作品をつくっているピーター・マクドナルドさんの作品「Orange Egghug」。奥に見えるのは、「Orange Egghug」の “顔はめパネル”

じょうほうはコチラから: キッズイベント
「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス」に行ってきた!

関連記事

  1. ホラー水族館「七人ミサキ」

  2. 歴タメLive第3弾

  3. 映画レビュー:マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2D/字幕)

  4. 第10回 ダヴィンチマスターズ

  5. 鎌倉 海のアカデミア2018

  6. 「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」開催!

  7. 第10回 ダヴィンチマスターズ(in 京華女子中学高等学校)開催!

  8. 鈴木敏夫とジブリ展

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着の動画

  1. おもちゃ

  2. おもちゃ

  3. おもちゃ

  4. おもちゃ

  5. おもちゃ