ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2018 〜江戸・金魚の涼〜 & ナイトアクアリウム

「真の日本」をコンセプトに約8,000匹の金魚や錦鯉が舞い泳ぐ、江戸時代の花街に彷徨いこんだかのような非日常的な “涼” の世界を味わえる「アートアクアリウム2018 〜江戸・金魚の涼〜 & ナイトアクアリウム」が、2018年7月6日(金)〜9月24日(月・祝)まで、日本橋三井ホールで開催!

コンセプトは「真の日本」
金魚を見上げて観賞する新感覚の作品が登場!

江戸・金魚の涼” をテーマに、江戸時代に日本橋で金魚が庶民文化として根付き、金魚を観賞して涼をとっていた文化を現代に蘇らせた「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2018 〜江戸・金魚の涼〜 & ナイトアクアリウム」が、2018年7月6日(金)〜9月24日(月・祝)まで、日本橋三井ホールで開催! 江戸時代の花街に彷徨いこんだかのような非日常的な “涼” 世界を味わえます。

「真の日本」をコンセプトに約8,000匹の金魚や錦鯉が舞い泳ぐ、江戸時代の花街に彷徨いこんだかのような非日常的な “涼” の世界を味わえる「アートアクアリウム2018 〜江戸・金魚の涼〜 & ナイトアクアリウム」が、2018年7月6日(金)〜9月24日(月・祝)まで、日本橋三井ホールで開催!

2017年 東京会場の展示風景

2018年は「真の日本」をコンセプトに、日本の美のひとつともいえる金魚錦鯉を中心とした合計約8,000匹の観賞魚が日本的な作品のなかを優雅に舞い泳ぎます。

泳ぐ宝石とも呼ばれ、日本の文化、そして芸術として親しまれてきた “錦鯉” は、高価なもので一匹数千万円の値が付くこともあります。“錦鯉” のルーツである新潟県山古志村の最高級品種を取り寄せ、煌びやかに会場を彩ります。

展示作品は、約3,000匹の金魚が舞い泳ぐ「アートアクアリウム」史上最大の作品「超・花魁」をはじめ、地球をイメージした直径1.5メートルの球体の水槽のなかを錦鯉が乱舞する作品「アースアクアリウム・ジャポニズム」。

さらに江戸時代の豪商がガラスの水槽を天井につくり、金魚を見上げて観賞していたという伝説を現代に蘇らせた「天井金魚(仮称)」や、屏風をモチーフにしたアクアリウムに日本の美術史の移り変わりを表現した映像を投影した幅約5.4メートルの大型作品「巨大屏風絵図(仮称)」など、本邦初公開となる新作が登場します。

「真の日本」をコンセプトに約8,000匹の金魚や錦鯉が舞い泳ぐ、江戸時代の花街に彷徨いこんだかのような非日常的な “涼” の世界を味わえる「アートアクアリウム2018 〜江戸・金魚の涼〜 & ナイトアクアリウム」が、2018年7月6日(金)〜9月24日(月・祝)まで、日本橋三井ホールで開催!

東京会場 展示予定作品「超・花魁」

「真の日本」をコンセプトに約8,000匹の金魚や錦鯉が舞い泳ぐ、江戸時代の花街に彷徨いこんだかのような非日常的な “涼” の世界を味わえる「アートアクアリウム2018 〜江戸・金魚の涼〜 & ナイトアクアリウム」が、2018年7月6日(金)〜9月24日(月・祝)まで、日本橋三井ホールで開催!

東京会場 展示予定作品「アースアクアリウム・ジャポニズム」

「真の日本」をコンセプトに約8,000匹の金魚や錦鯉が舞い泳ぐ、江戸時代の花街に彷徨いこんだかのような非日常的な “涼” の世界を味わえる「アートアクアリウム2018 〜江戸・金魚の涼〜 & ナイトアクアリウム」が、2018年7月6日(金)〜9月24日(月・祝)まで、日本橋三井ホールで開催!

2018年 新作「天井金魚(仮称)」(CGイメージ)

19時以降は能や狂言、花魁の舞など
ナイトアクアリウムも開催!

また19:00以降は「ナイトアクアリウム」として、会場内でドリンクを楽しみながら作品を鑑賞することができます。

「ナイトアクアリウム」では日によって、能や狂言、祇園の舞妓・芸妓による京舞、大衆演劇による華麗な花魁の舞など、日本の伝統芸能や国内外で話題のDJプレイやジャズバンドのライブなど、普段は見ることができないスペシャルステージを多数開催します。

「ナイトアクアリウム」の出演者や伝統芸能のスペシャルステージの詳細は決定次第、「アートアクアリウム」公式ホームページ(http://artaquarium.jp)で発表されます。

【体験レポート】2017年9月24日(日)まで開催中!「アートアクアリウム 2017 〜江戸・金魚の涼〜 &ナイトアクアリウム」に行ってきた!

【体験レポート】「アートアクアリウム2016 〜江戸・金魚の涼〜&ナイトアクアリウム」に行ってきた!

金魚と日本橋の歴史

金魚は江戸時代に日本橋界隈を中心に花開いたと言われる、世界に誇る日本の生活に根付いた文化です。室町時代では大変な贅沢品だったと言われていますが、江戸時代になると、武士や豪商が屋敷の池で金魚を飼うようになり、金魚は街を彩る「華」としてもてはやされ、暑い夏には「涼」として素敵に飾られました。庶民でも手に入れられるようになった江戸後期には、浮世絵や家具・着物の柄に描かれるほど金魚ブームが起こり、今日までつづく日本独自の金魚文化が発展する礎となったのです。

イベント名
ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2018 〜江戸・金魚の涼〜 & ナイトアクアリウム
開催期間
2018年7月6日(金) ~ 2018年9月24日(月・振)
開催時間
・日~金 11:00~22:30(最終入場 22:00)
・土・祝祭前日 11:00~23:30(最終入場 23:00)
・アートアクアリウム(11:00〜19:00)
・ナイトアクアリウム(19:00〜22:30/23:30)
※19:00 からは会場内でドリンク(有料)を片手にお楽しみ頂けます。飲み物の注文は任意です。
※19:00 からのナイトアクアリウム転換時、入場料金変動なし、入替なしです。
※土曜日・祝前日の 19:00 以降は、DJ等によるスペシャルライブを開催予定です。
※22:00 以降は未成年の入場不可とさせていただきます。
※一部入場できない日時があります。公式 HP(http://artaquarium.jp)でご確認ください。
対象年齢
小学校低学年(1、2、3年生)
小学校高学年(4、5、6年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
日本橋三井ホール(東京都中央区日本橋室町 2-2-1 コレド室町1 5階/エントランス 4階)
アクセス
・東京メトロ半蔵門線・銀座線「三越前」駅直結(A6番出口)
・JR総武線快速「新日本橋」駅直結
料金
・一般(中学生以上):1,000円
・子ども(4歳以上〜小学生):600円
・3歳以下:無料
※小学生以下は保護者要同伴
公式サイト
主催者名
株式会社エイチアイディー・インターアクティカ
問い合わせ
TEL:03-3270-2590(開設期間:2018年7月5日(木)〜9月24日(月・祝)10:30〜20:00)

Source: キッズイベント
ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2018 〜江戸・金魚の涼〜 & ナイトアクアリウム

関連記事

  1. 映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS

  2. ルイスと不思議の時計

  3. 映画レビュー:ちいさな英雄 ーカニとタマゴと透明人間ー(2D)

  4. ドラゴンボール超 ブロリー

  5. 映画レビュー:マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2D/字幕)

  6. 『ボス・ベイビー: ビジネスは赤ちゃんにおまかせ!』ママ&ベイビー限定…

  7. 篠原かをりさんの書籍『フムフム、がってん! いきものビックリ仰天クイズ…

  8. 東京大茶会2018(浜離宮恩賜庭園)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着の動画

  1. おもちゃ

  2. おもちゃ

  3. キッズイベント

  4. おもちゃ

  5. 70cleam