絵本のひきだし 林明子原画展

子供はもちろん、世代を超えて愛され続けている絵本作家・林明子さんの絵本原画を一堂に集めたはじめての大規模展覧会「絵本のひきだし 林明子原画展」が、2018年7月19日(木)〜7月29日(日)まで松屋銀座で開催!

『はじめてのおつかい』(1976年)
筒井頼子・作、林明子・絵、福音館書店刊、原画は宮城県美術館蔵

林明子さんはじめての大規模原画展!
約200点の貴重な絵本原画を一堂に!

発行総数1,600万部を超え、世代を超えて愛され続けている絵本作家・林明子さんの絵本原画を一堂に集めた展覧会「絵本のひきだし 林明子原画展」が、2018年7月19日(木)〜7月29日(日)まで松屋銀座で開催!

ベストセラー絵本「はじめてのおつかい」(1976年発行)は、林明子さんにとって初めての物語絵本。これをきっかけに、「こんとあき」「あさえとちいさいいもうと」など、時代を超えて愛される数々の名作が生まれました。

本展は2017年より全国各地で好評を得ている巡回のラストとなり、絵本の中の子どもたちが見せるほんのわずかな心の揺らぎや、葉っぱ一枚一枚のみずみずしさまで優しく繊細に描き出した、林作品の美しい原画約200点を一堂に集めた、林明子さんのはじめての大規模な原画展です。

子供はもちろん、世代を超えて愛され続けている絵本作家・林明子さんの絵本原画を一堂に集めたはじめての大規模展覧会「絵本のひきだし 林明子原画展」が、2018年7月19日(木)〜7月29日(日)まで松屋銀座で開催!

『こんとあき』(1989年)
林明子・作、福音館書店刊、原画は宮城県美術館蔵

林 明子
1945年東京生まれ。絵本作家。大学卒業後、イラストレーター真鍋博のアトリエに入る。独立し、1973年にはじめて絵本「かみひこうき」(「かがくのとも」56号、福音館書店)に挿絵を添える。1976年、筒井頼子氏とともに初の物語絵本「はじめてのおつかい」を出版。「こんとあき」「まほうのえのぐ」「あさえとちいさいいもうと」等絵本作品を多数発表。角野栄子「魔女の宅急便」(1985年、福音館書店)の第1巻の挿絵も担当。

子供はもちろん、世代を超えて愛され続けている絵本作家・林明子さんの絵本原画を一堂に集めたはじめての大規模展覧会「絵本のひきだし 林明子原画展」が、2018年7月19日(木)〜7月29日(日)まで松屋銀座で開催!

『かみひこうき』(1973年)
小林実・文、林明子・絵、福音館書店刊、原画は宮城県美術館蔵

イベント名
絵本のひきだし 林明子原画展
開催期間
2018年7月19日(木) ~ 2018年7月29日(日)
開催時間
10:00〜20:00 ※入場は閉場の30分前まで
※7月22日(日)は19:30閉場、7月27日(金)は20:30閉場、最終日は17:00閉場
対象年齢
幼児(幼稚園)
小学校低学年(1、2、3年生)
小学校高学年(4、5、6年生)
中学生・高校生
大人
開催場所
松屋銀座 8階 イベントスクエア(東京都中央区銀座3-6-1)
アクセス
・東京メトロ銀座線、丸ノ内線、日比谷線「銀座」駅 A12番出口直結
・東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅 9番出口より徒歩約3分
・都営地下鉄浅草線「東銀座」駅 A8番出口より徒歩約3分
・JR「有楽町」駅より徒歩約8分
料金
・一般:1,000円(700円)
・高校生:700円(500円)
・中学生:500円(400円)
・小学生:300円
※( )内は前売料金。前売りは2018年6月末より、ローソンチケット他で7月18日(水)まで販売予定
駐車場
300円/30分
主催者名
・主催:朝日新聞社
・協力:福音館書店
・出品協力:宮城県美術館
問い合わせ
TEL:03-3567-1211(松屋銀座 大代表)

Source: キッズイベント
絵本のひきだし 林明子原画展

関連記事

  1. かいけつゾロリ大冒険展

  2. ワイルド・ローズ

  3. 月面キッズキャンプ

  4. ロケットマン

  5. 企画展「マンモス展」

  6. MAZEKOZEらくがきだヨ!全員集合

  7. ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐メイキング・オブ ハリー・…

  8. 日産でやってみよう車中泊

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着の動画

  1. キッズイベント

  2. キッズイベント

  3. キッズイベント

  4. キッズイベント

  5. キッズイベント